Archive for the ‘ニュース’ category

横断検索「想」で古書店580万冊の在庫情報が検索可能に – ITmedia News

1月 22nd, 2010

横断検索「想」で古書店580万冊の在庫情報が検索可能に
複数のデータベースを横断的に検索するNIIの「想」の検索対象に、古書店の在庫情報580万冊が加わった。

2009年05月21日 19時51分 更新

photo 「想−IMAGINE Book Search」

国立情報学研究所(NII)は5月21日、書籍データベースやWikipediaなど複数の情報源を横断検索できる「想−IMAGINE Book Search」の検索対象に、古書店が持つ在庫情報580万冊分が加わったと発表した。

引用元: 横断検索「想」で古書店580万冊の在庫情報が検索可能に – ITmedia News.

縄文生まれの土偶、愛称募集 中野市立博物館

1月 22nd, 2010

縄文生まれの土偶、愛称募集 中野市立博物館
関連ページ:話題のトピックス一覧中野市
(2010年1月20日)

中野市立博物館は、同市大俣の姥ケ沢(うばがさわ)遺跡で出土した縄文時代中期の土偶(市指定有形文化財)の愛称を募集している。従来はただ「土偶」という名称だけ。市の文化財のシンボルとして、もっと身近に感じてもらえるように計画した。募集期間は3月31日まで。

土偶は昨秋、英国の大英博物館で開かれた「土偶展」に出品。現在は、東京国立博物館で2月21日まで開いている「国宝土偶展」に出展されている。中野市立博物館には4月以降に戻り、展示される予定だ。

土偶は高さ約19センチ、幅約13センチ。両腕を水平に広げ、丸い顔面と長い胴に短い足が付いている「有脚立体土偶」と呼ばれる形。おなかが少し膨らんでいることから、妊娠した女性像と考えられている。

1人何点でも応募できる。愛称は漢字か平仮名、片仮名、ローマ字に限る。専用の応募用紙に愛称と命名の理由、住所、氏名、連絡先を記入して市役所本庁舎や豊田支所、博物館、公民館などに設置した応募箱に投かんする。上位10点を選び、学識経験者らでつくる「中野市立博物館協議会」で決定する。

問い合わせは同市立博物館(電話0269・22・2005)へ。

(提供:信濃毎日新聞)
引用元: 縄文生まれの土偶、愛称募集 中野市立博物館 | トピックス | 信州Liveon – 信州生活をもっと楽しく!長野県のイベント情報や話題が満載のサイト!.