心情

* 春の日の夕暮 中原中也 *

トタンがセンベイ食べて

春の日の夕暮は穏かです

アンダースローされた灰が蒼ざめて

春の日の夕暮は静かです

吁(ああ)! 案山子(かかし)はないか——あるまい

馬嘶(いなな)くか——嘶きもしまい

ただただ月の光のヌメランとするまゝに

従順なのは 春の日の夕暮か

ポトホトと野の中に伽藍(がらん)は紅く

荷馬車の車輪 油を失ひ

私が歴史的現在に物を云へば

嘲る嘲る 空と山とが

瓦が一枚 はぐれました

これから春の日の夕暮は

無言ながら 前進します

自(みづか)らの 静脈管の中へです

Comments are closed.